チェックしておこう!ガールズバーとキャバクラの違い



赤羽の夜のお店でアルバイトでもしようと思った時に選択肢に上がるであろうガールズバーとキャバクラ。
「ガールズバーで働きたい!」と思った女の子でも、そもそもキャバクラとの違いはどこにあるの?と疑問に思う子がいるかもしれません。
ここでしっかりと整理してから、ガールズバーの求人をチェックしてみましょう。

ちょっと難しい話になるかもしれませんが、法律的な違いからチェック!
キャバクラは風俗営業という位置付けになっていて、その中の接待飲食等営業という形態に分類されています。
一方のガールズバーは、深夜酒類提供飲食店営業という業態で届け出ているところがほとんどなんです。
この両者の違いなんですけど、キャバクラは深夜0時までしか営業できなくて、ガールズバーは0時以降も営業ができるという大きな違いがあるんですね。

接客方法の違いを見ると、キャバクラで働く女の子はお客様と同じテーブルに座って触れ合うことができる一方で、ガールズバーはカウンターを挟んでお客様と接するので、触れ合ったりすることはできません。
あと女の子にとって重要なのはお給料の違いですね。キャバクラの方が時給相場は高めです。
でも、ガールズバーは夜通し働けるので、1日の稼ぎを見ればキャバクラ嬢と同じくらいの額にすることも不可能ではないでしょう。

  赤羽でバイトするならこのガールズバー!

さて、ここからは赤羽のガールズバーのおすすめ店を紹介していきます。

「SAMURAI(サムライ)」というちょっと変わったネーミングのガールズバーがあるんですけど、ここは要チェックですよ。

画像引用サイト:http://girlsbaito.jp/work_W000019428

まず、時給が赤羽の他のお店と比べても高いです。
キャバクラ店と同水準の時給がゲットできるのが嬉しいポイント。
そして、昼間の11時から営業しているのも素晴らしいですね!
バーなんだけど昼間から働けるから、生活のリズムは崩したくない女の子にもおすすめです。
親などにバレずに高時給のアルバイトを探している女の子も選ぶ価値ありかもしれません。

ゆるく働きたい女の子には「Rady(レディ)」をおすすめしておきましょう。

画像引用サイト:https://www.tainew.com/shop/view/5380/

時給額だけで見ればさほど高くはないんですけど、何よりも自由度が高いんです。
ちょっとサボったくらいじゃ怒られたりしません。
ノルマもないし、でもドリンクバックがあるから、時給は安くても頑張り次第でジャンジャン稼ぐこともできちゃうのがこのお店。
採用率もほぼ100%!
自信がない女の子でも、ここなら夜のお店デビューができちゃいますよ。

時給は高いのに永久保証がついてくるありがたいガールズバー「ボンヌシャンス」

画像引用サイト:https://www.tainew.com/shop/view/6154/

高額バックシステムも導入しているので、働けば働くほどお金をゲットすることができるお店です。
WワークOKなのも嬉しいですね!
まさに赤羽でバイトするならココ!と言えるようなお店ですよ。